相続・遺言

相続とひとくちに言っても、問題は様々にあります。
終活の一環として遺言書を残したいといったものから、相続人や財産の把握、
被相続人(亡くなった人)の財産の分配でのトラブルなど幅広い悩みが考えられるでしょう。

 

相続は一部の資産家のみのトラブルだととらえがちな問題だと思いますが実情と異なる場合があります。
現在、高齢化社会が進んでいる中で、起こっている実際の相続トラブルは比較的少額な遺産のケースが多く見受けられます。
裁判所のホームページで公表されている平成30年度の統計データのよると、
相続トラブルのうち、遺産が1000万円以下は約33パーセント、
5000万円以下となると、実に76パーセントに及びます。

 

以上のデータから考えられるように、相続トラブルは決して対岸の火事ではないのです。

 

そもそも相続とは、遺産の相続方法によって考えられるトラブル内容が違ってきます。
相続方法には遺言書・法定相続・遺産分割協議の3つとなります。
遺言書とは3つの相続方法の中で1番効力が強いものです。
特別な事情がない限り、遺言書に記載された内容に沿って遺産の分配がおこなえることが特徴です。
遺言書を残すことによって、ある程度相続のトラブルを抑えられる可能性が高まることも、
メリットの1つと言って良いでしょう。

 

一方で離婚分割協議とは相続人全員で話し合いをおこない、遺産を分割する方法です。
話し合いで解決するのは一見、平等のように見えますが、
3つの中で一番相続トラブルが発生しやすい方法でもあります。
そのため、話し合いがうまく行かないと感じた時には、早め早めの対応が重要となってきます。

 

遺産相続は仲の良い家族の絆を、引き裂いてしまう可能性のあるトラブルです。
ですので、その可能性を低くするために生前対策をすることが大切になった来ます。
また、すでにトラブルの渦中という方もいらっしゃると思います。
そういった場合、当事者同士で話し合いをするとますます状況が悪化するという事態も想定されます。

 

相続トラブルに遭っている、もしくはトラブルを回避したいとお考えの方はどうすればいいのでしょうか。
一度専門家に相談することをおすすめします。

 

相続トラブルが起きている場合は、第三者である弁護士が間に入ることによって、
争いの早期解決や事態の悪化を食い止める可能性が高まります。
また、生前対策の1つである遺言書も、自身で作成するより、有効な遺言書を作成できることもあります。

 

けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、
長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、
東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。
相続や遺言でお困りの方は一度ご相談ください。

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。