Base Knowledge

医療過誤に関する基礎知識や事例

 

医療過誤とは何か

医療過誤とはいわゆる医療ミスのことです。医療事故と医療過誤はよく意味を混同されがちですが、厳密にいえば少し違います。医療事故とは医療過誤をふくめ、患者が転倒するといったことなど医療現場での事故全般をさします。一方で医療過誤とは人為的な誤りを原因で発生した注意を払っていれば防ぐことのできたものをさします。具体的にいうと、診断ミス・診療ミス・手術ミス・医者と看護師間の連係ミスなどです。

 

医療過誤ではないかと思ったときには

体調が悪くなった場合、病院へ行き医者の診断をあおぐことは一般的でむしろ当たり前といってよいでしょう。診断や診療には医学的な知識が必要になりますし、医者の判断を疑うなんてことはめったにない話ではあると思います。しかしながら、実際に治療を受けてむしろ体調が悪化したり、手術を受ける際しっかり説明をしてくれず予後障害が残ってしまったなど医療従事者に不信感を覚えた場合、どのように対処すればよいかがわかる方はそう多くはないでしょう。
 容体の悪化や身体の障害は今後の人生を左右する重大な事柄になりかねないものです。医療過誤の可能性があるならば、医療過誤に強い弁護士へ相談することをおすすめいたします。医療過誤の事案は専門性が高く、知識を有していない患者側の立場にとって過誤があったと立証することは弁護士やほかの医者の協力が非常に重要になります。また、実証するためには担当の医者へ事実関係の確認やカルテの開示などの手続きを行わなければなりませんので、早め早めの対応が肝要になります。

 

医療過誤を疑われてしまったら

 医療現場は一般的な職場と異なり人命を扱うところです。少しのミスが患者の命を危険にさらすことになるのは、医療従事者の方であれば重々承知されているでしょう。しかしながら、医者や看護師も人間です。どんなに気を付けていてもミスを起こしてしまうことがあるかもしれません。また、反対に適切な処置をおこなったとしても患者が満足する結果にならず訴えを起こされてしまうこともあるでしょう。医療過誤について患者側から指摘を受けたとき、病院側だけで対応することももちろん可能ですが、その人や家族の人生や命が関わっているという特性上、話し合いも感情的になりがちです。そう言った場合に第三者の目として、弁護士が間に立つことは問題の早期解決にも役立ちます。また、患者側の訴えと実際におこなった医療行為の差異を確認し、示談によっての解決や適切な医療行為であったと立証し訴えを取り下げることが可能になる、といった対応も取ることができます。

けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。医療過誤でお困りの場合はぜひご相談ください。

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。