欠陥住宅 とは

  • 日照権の侵害による損害賠償

    日照権とは憲法の幸福追求における人権に認められた環境権のひとつになります。日照権は各地方自治体の条例で指定地域を定められていたり、建築基準法にも「日影による中高層の建築物の高さの制限」の項目で触れられています。 では実際、日照権が侵害されたと考えられる条件とはどのようなものなのでしょうか。今回は日照権の侵害に当た...

  • 瑕疵担保責任

    建物における瑕疵担保責任とは、隠れた瑕疵があった際に請負業者や不動産の売主に対して責任の範囲を定めることを言います。たとえ、売主や請負業者がその瑕疵の存在を把握していなかったとしても、瑕疵担保責任の有効な期間のうちは責任を負うこととなります。なお、瑕疵担保責任の期間については新築の住宅と中古住宅などの建物で違って...

  • 建築訴訟の難しさと専門家の必要性について

    建築訴訟とは、文字どおり建物の建築に関する訴訟のことです。争点は大きく3つに分かれており、以下のようになります。 ① 建築瑕疵…建築の瑕疵をめぐっての訴訟になります。建物の不具合に関しての訴訟は他の2つに比べ、平均審理期間が長いとされています。② 建築契約… 建築契約の見積もりや契約自体への不満や、債務不履行がお...

  • 瑕疵の種類

    【建築瑕疵の種類とは】既にご存じの方もいるかと思いますが、建築瑕疵はおもに3つに分類されます。それぞれ項目別に分類してご説明させていただいたのが以下となります。 ① 契約違反(約定違反)…契約違反には2つのタイプが存在します。建物を建てるときに注文者と請負業者は建物請負契約を結ぶこととなります。その書面にはさまざ...

  • 欠陥住宅だと判明した際に弁護士に相談するメリット

    欠陥住宅とは、新築のマイホームや購入したマイホームに雨漏りや壁の亀裂などが発生しているような場合を指します。欠陥住宅かもしれないと思った場合には、売主や施工業者に対して相談をすることとなりますが、納得のできる回答を得られることが少なくなっています。そのため、個人で欠陥住宅の問題について解説をすることは非常に難しく...

  • 刑事事件

    刑事事件とは犯罪行為を起こしたと疑われる者に対して、警察や検察期間が実際に犯罪をしたかどうかを捜査し、裁判で刑罰を科すかどうかを判断し、決める手続きのことを指します。 一般的に日常生活と犯罪行為は縁遠いものに思われがちですが、実際は隣合わせであることが多いです。具体的に言うと、電車やバスなどでの痴漢行為や、街中な...

  • 不動産トラブル

    不動産とは土地や建物のことを指し、そのトラブルは大きく言って2つに分類され、以下のようになります。 ① 不動産売買契約トラブル…土地や建物の売買をおこなった時に、不動産売買契約を取り交わします。この契約書には売買される不動産についての決まりごとが記載されており、押印・署名をおこなうと、その契約内容を了承したとされ...

  • 企業法務

    企業法務とは企業を運営するうえにおいて、必要な法律事務のことを指します。企業法務の内容は範囲が広く、商業取引や契約に関するもの、企業活動が法律に触れていないかどうかの確認、訴訟や紛争の対応、労働問題、事業承継に国際法務等さまざまです。企業法務に含まれないものは、一般的に、個人で依頼する民亊(不動産トラブル・損害賠...

  • 借金問題・債務整理

    定住することが難しいので働ける仕事も狭まり、あまり現実的とは言えません。 では、大きな借金を抱えてしまった場合何か、対処方法はあるのでしょうか。借金を減額する、もしくは帳消しにする方法を債務整理といいます。債務整理には3つの方法があり、任意整理・個人再生・自己破産です。 任意整理とは貸金業者と交渉をおこない、返済...

  • 交通事故・示談交渉

    自賠責保険とは強制加入の保険で、こちらに加入していないと、そもそも自動車を運転することが出来ません。任意保険とはその名の通り、運転する人が加入するかどうかを自由に決められる保険になります。一般的に任意保険は、加害者になった場合、自賠責保険よりも補償内容が充実していることが特徴として挙げられます。自賠責保険の場合は...

  • 離婚・男女トラブル

    【離婚とは?】まずは離婚の問題から考えていきたいと思います。現在、厚生労働省が発表している離婚の件数の総数を確認してみると、2000年代前半をピークに、以降、緩やかに減少傾向に転じています。年齢別では30代の離婚率が多く、次いで40代となっています。離婚の理由はさまざま、夫婦によって十人十色でしょうが、一般的な離...

  • 相続・遺言

    そもそも相続とは、遺産の相続方法によって考えられるトラブル内容が違ってきます。相続方法には遺言書・法定相続・遺産分割協議の3つとなります。遺言書とは3つの相続方法の中で1番効力が強いものです。特別な事情がない限り、遺言書に記載された内容に沿って遺産の分配がおこなえることが特徴です。遺言書を残すことによって、ある程...

  • セカンドオピニオンとして弁護士に相談できること

    法律問題とは一見、日常生活において縁遠い事柄に思えるかもしれません。しかし、自身が普段おこなっている何気ない行動でも、実は法律が関わっているということもあります。では実際に法律問題のトラブルが起こったときに、セカンドオピニオンを求めた際、どんなことが出来るのか考えていきましょう。 まず、第1にセカンドオピニオンを...

  • セカンドオピニオンを受ける際の注意点

    セカンドオピニオンとは直訳すると「第2の意見」という意味です。法律問題で困った際に一人の弁護士の意見だけでなく、複数の意見を確認することによって、自身の選択幅が広がり、より納得いった形で問題に立ち向かえる可能性が高まるという効果があります。しかし、セカンドオピニオンを受ける際には注意をしておかなければならないこと...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを選ぶポイント

    セカンドオピニオンとは簡単に言うと、1つの物ごとに対し、1つ意見のみでなく、他の意見を聞くことを指します。複数の意見を知ることによって、その中から自分自身がより良いと思う選択をすることが可能となります。とはいえ、実際にどういった時にセカンドオピニオンが必要になるか判断がつかないこともあるかと思います。今回はセカン...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを検討すべき時とは

    法律問題に関する相談や悩み事を弁護士にするということは、依頼者の方にとって切実なものであるケースが多いです。とはいえ、セカンドオピニオンをどのような時に、検討すればいいのか判断に迷う方もいらっしゃるでしょう。今回はセカンドオピニオンを考えた方が良い時について考えてみたいと思います。 【セカンドオピニオンを検討すべ...

  • セカンドオピニオンがいるメリット

    【セカンドオピニオンのメリットとは?】法律問題で困ったとき、一般的に専門家に相談する流れになると思います。なぜなら、法律の問題は専門性が強く、独力で解決することが難しいケースが多いからです。通常、法に対しての専門知識に豊富な人は少数だと考えられます。そのため弁護士などの専門家と問題を相談する方とで、認識の違いが生...

  • 建築紛争の種類

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

  • 医療過誤で病院側に追求できる法的責任について

    しかし医療過誤を起こしたと仮定した場合、病院側の責任とはどのようなものになるのでしょうか。今回は医療過誤により病院が負う法的な責任について確認していきたいと思います。 医療過誤には民事・刑事・行政上のすべてで責任が発生する可能性があります。具体的にどのようなことが考えられるのか項目別に確認していきましょう。 【民...

  • 証拠保全とは

    カルテや医療記録は非常に重要で、これらの書類がないと医療過誤を立証することはほぼほぼ不可能といえるでしょう。しかしながらその重要な証拠書類となりえるカルテや医療記録などを持っているのは病院側になります。何も手段を講じないと、改ざんされる可能性があります。では、医療過誤で訴えを起こしたい際具体的にどういったことをす...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    医療とは患者に対して医療行為をした時、その現場での水準によった治療や診断をしなければいけません。その最中に医療事故が発生した際、医師や看護師などの医療従事者にどれほどの過失があったかどうかを判断する必要があります。過失がない際は、ミスでない医療事故として処理されますが、過失の度合いが大きいケースでは医療過誤にあた...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    医療過誤とは簡単に言うと医療事故のひとつになります。医療事故と医療過誤は言葉の意味が似ている部分があるので、混同されがちですが厳密にいうと違います。医療事故とは広い意味合いを持っており、医療現場で発生した事故全般を指します。一方で医療過誤は医師や看護師などの医療従事者が、誤った診療や診断などを起こすことをいうので...

  • 医療過誤で損害賠償請求できるのはどんな場合?

    医療過誤とは医師や病院側の過失によって患者が死亡してしまった場合などを指します。医療過誤による損害の発生に対しては、被害を受けた患者やその家族が医師や病院に対して損害賠償を請求することができます。本ページでは医療過誤について詳しく解説をしていきます。 ◆医療過誤3要件医療過誤で損害賠償を請求するためには、当然なが...

  • 擁壁のある物件で起こりうるトラブルとは

    ◆擁壁とは擁壁という言葉に馴染みのない方が多くいらっしゃると思いますので、ここで擁壁について詳しく解説をしていきます。擁壁とは、地面に大きな高低差を設ける際に、崖となる土の側面が崩れ落ちるのを防ぐために設計される壁状の建造物のことをいい、土留(どどめ)と呼ばれることもあります。簡素な作りのものが土留であり、RC造...

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。