医療 ミス 訴訟

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    通常に仕事でもミスに対して意識を高く持つ必要があるかと思いますが、医療現場はそれより敏感である場合が多いでしょう。なぜなら、ひとつのミスが1人の人間の生死や、今後の人生を大きく変えてしまうことになるからです。しかしながら医師や看護師などの医療従事者も人間ですので、時にはミスをすることでしょう。では実際医療過誤が発...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを検討すべき時とは

    医療業界において生まれたセカンドオピニオンは、法律相談の世界にも広まり始めています。依頼者の相談した内容の判断は、それぞれ、弁護士の今までつちかってきた経験や知識、価値観などによって分かれます。つまり、依頼した弁護士ごとにアドバイスの内容が違うことがあるのです。 法律問題に関する相談や悩み事を弁護士にするというこ...

  • セカンドオピニオンがいるメリット

    こちらは主に医療現場でよく利用されるもので、患者に対して医療には治療方法に関して複数の選択肢があり、それぞれが正しい方法であるということや、患者が治療方法に対して複数の選択肢の存在を知る権利があることを目的とされています。つまり、患者は1人の医師の意見のみではなく、他の医師の意見もまた、聞くことが出来る権利なので...

  • 証拠保全とは

    医療ミス医療過誤などで患者が病院側に訴えをおこなう際に、必ず必要となるのがカルテや医療記録などの証拠書類です。カルテや医療記録は非常に重要で、これらの書類がないと医療過誤を立証することはほぼほぼ不可能といえるでしょう。しかしながらその重要な証拠書類となりえるカルテや医療記録などを持っているのは病院側になります。...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    医療とは患者に対して医療行為をした時、その現場での水準によった治療や診断をしなければいけません。その最中に医療事故が発生した際、医師や看護師などの医療従事者にどれほどの過失があったかどうかを判断する必要があります。過失がない際は、ミスでない医療事故として処理されますが、過失の度合いが大きいケースでは医療過誤にあた...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    医療過誤とは簡単に言うと医療事故のひとつになります。医療事故と医療過誤は言葉の意味が似ている部分があるので、混同されがちですが厳密にいうと違います。医療事故とは広い意味合いを持っており、医療現場で発生した事故全般を指します。一方で医療過誤は医師や看護師などの医療従事者が、誤った診療や診断などを起こすことをいうので...

  • 不動産トラブル

    新築については、建築訴訟の項目で触れておりますので、気になる方はそちらを参照いただければと思います。なお、契約書に書かれた以外の欠陥や不具合などの瑕疵が見つかった場合に、売主側が負う瑕疵担保責任というものがあります。中古住宅や土地などの瑕疵担保責任は、瓜生氏が業者であるか個人なのか、で期間が異なることがありますの...

  • 企業法務

    訴訟や紛争の対応、労働問題、事業承継に国際法務等さまざまです。企業法務に含まれないものは、一般的に、個人で依頼する民亊(不動産トラブル・損害賠償など)や、家事(離婚や相続トラブルなど)、刑事事件と言われています。 企業法務を怠っていると、知らず知らずのうちに法律違反をしていたり、諍いが、訴訟や紛争に発展した場合、...

  • セカンドオピニオンを受ける際の注意点

    弁護士のセカンドオピニオンという概念はその言葉の発祥である医療現場と比べると、まだまだ大きく認知されていない言葉かもしれません。しかし、セカンドオピニオンを利用するとしても、しないとしても、自身に第2の選択することが出来るということを知識として有しているだけで、考え方に広がりを持たせられる可能性が高まります。 

  • 建築訴訟の難しさと専門家の必要性について

    建築訴訟とは、文字どおり建物の建築に関する訴訟のことです。争点は大きく3つに分かれており、以下のようになります。 ① 建築瑕疵…建築の瑕疵をめぐっての訴訟になります。建物の不具合に関しての訴訟は他の2つに比べ、平均審理期間が長いとされています。② 建築契約… 建築契約の見積もりや契約自体への不満や、債務不履行がお...

  • 医療過誤で病院側に追求できる法的責任について

    医師や看護師などの医療従事者の過失により不利益をこうむった際、病院側の責任を追及することになるかと思います。しかし医療過誤を起こしたと仮定した場合、病院側の責任とはどのようなものになるのでしょうか。今回は医療過誤により病院が負う法的な責任について確認していきたいと思います。 医療過誤には民事・刑事・行政上のすべて...

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。