医療過誤 法律

  • 医療過誤で病院側に追求できる法的責任について

    しかし医療過誤を起こしたと仮定した場合、病院側の責任とはどのようなものになるのでしょうか。今回は医療過誤により病院が負う法的な責任について確認していきたいと思います。 医療過誤には民事・刑事・行政上のすべてで責任が発生する可能性があります。具体的にどのようなことが考えられるのか項目別に確認していきましょう。 【民...

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    では実際医療過誤が発生した際、どのように問題が解決されていくのか確認していきましょう。 【問題解決までの流れ】 ① 医療過誤の証拠を集める…医療過誤の疑いがあった際には、まずは第一に証拠を集めることから始めます。医師の対処方法や聞いた説明などを時系列に沿って書き出しておくと良いと思われます。また病気や怪我の診断書...

  • 証拠保全とは

    医療ミスや医療過誤などで患者が病院側に訴えをおこなう際に、必ず必要となるのがカルテや医療記録などの証拠書類です。カルテや医療記録は非常に重要で、これらの書類がないと医療過誤を立証することはほぼほぼ不可能といえるでしょう。しかしながらその重要な証拠書類となりえるカルテや医療記録などを持っているのは病院側になります。...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    過失がない際は、ミスでない医療事故として処理されますが、過失の度合いが大きいケースでは医療過誤にあたることが考えられます。しかしながら、医療現場における過失の判断基準を設定するのは非常に難しいことだとされています。今回は医療事故における過失の判断基準について深く考えていきたいと思います。 【医療事故における過失基...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    医療過誤とは簡単に言うと医療事故のひとつになります。医療事故と医療過誤は言葉の意味が似ている部分があるので、混同されがちですが厳密にいうと違います。医療事故とは広い意味合いを持っており、医療現場で発生した事故全般を指します。一方で医療過誤は医師や看護師などの医療従事者が、誤った診療や診断などを起こすことをいうので...

  • 刑事事件

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。刑事事件についてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 不動産トラブル

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。不動産トラブルについてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 企業法務

    企業法務とは企業を運営するうえにおいて、必要な法律事務のことを指します。企業法務の内容は範囲が広く、商業取引や契約に関するもの、企業活動が法律に触れていないかどうかの確認、訴訟や紛争の対応、労働問題、事業承継に国際法務等さまざまです。企業法務に含まれないものは、一般的に、個人で依頼する民亊(不動産トラブル・損害賠...

  • 借金問題・債務整理

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。借金問題・債務整理でお困りの方は一度ご相談ください。

  • 交通事故・示談交渉

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。交通事故・示談交渉でお困りの方は一度ご相談ください。

  • 離婚・男女トラブル

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。離婚・男女トラブルでお困りの方は一度ご相談ください。

  • 相続・遺言

     けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。相続や遺言でお困りの方は一度ご相談ください。

  • セカンドオピニオンとして弁護士に相談できること

    法律問題とは一見、日常生活において縁遠い事柄に思えるかもしれません。しかし、自身が普段おこなっている何気ない行動でも、実は法律が関わっているということもあります。では実際に法律問題のトラブルが起こったときに、セカンドオピニオンを求めた際、どんなことが出来るのか考えていきましょう。 まず、第1にセカンドオピニオンを...

  • セカンドオピニオンを受ける際の注意点

    法律問題で困った際に一人の弁護士の意見だけでなく、複数の意見を確認することによって、自身の選択幅が広がり、より納得いった形で問題に立ち向かえる可能性が高まるという効果があります。しかし、セカンドオピニオンを受ける際には注意をしておかなければならないこともあります。現在進行している相談内容について、セカンドオピニオ...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを選ぶポイント

    法律問題の相談に関して、ものによっては対応の早さが求められるものがあります。そういったケースで相談した際に、電話やメールの連絡が遅いときにはセカンドオピニオンを検討した方が良いかと思われます。② 相談した内容の分野が得意でなかったとき…法律問題とひとくちに言っても、相談される内容はさまざまです。そのため、弁護士に...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを検討すべき時とは

    医療業界において生まれたセカンドオピニオンは、法律相談の世界にも広まり始めています。依頼者の相談した内容の判断は、それぞれ、弁護士の今までつちかってきた経験や知識、価値観などによって分かれます。つまり、依頼した弁護士ごとにアドバイスの内容が違うことがあるのです。 法律問題に関する相談や悩み事を弁護士にするというこ...

  • セカンドオピニオンがいるメリット

    物事を多角的に見ることの重要性は、医療現場のみでなく法律問題に対しても同じことが言えます。今回は法律問題のセカンドオピニオンについてお話をさせていただきたいと思います。 【セカンドオピニオンのメリットとは?】法律問題で困ったとき、一般的に専門家に相談する流れになると思います。なぜなら、法律の問題は専門性が強く、独...

  • 日照権の侵害による損害賠償

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

  • 瑕疵担保責任

    これは住宅の品質確保の促進などに関する法律、通称品確法によって義務付けられているからです。品確法とは住宅の品質確保・住宅購入者の利益の保護・住宅に係る紛争の迅速かつ適正な解決を目的に制定された制度となります。ただしこちらで保護された瑕疵担保責任の範囲は忠告住宅などの範囲とは異なります。 次に瑕疵担保責任の範囲と品...

  • 建築紛争の種類

    設計図通りで法律にも違反していませんが、建物の外装・内装で美観を損ねているという不具合も瑕疵にあたります。 【建築契約】見積もり・契約…建築工事における見積もりがないまま工事が始まり、工事途中や完成後に金額を提示され、その金額に不満を持った場合に争いの種となるものです。また建築の工事をおこなう際に結ぶ契約にある内...

  • 建築訴訟の難しさと専門家の必要性について

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

  • 瑕疵の種類

    建築物の設備や構造、敷地などに関して最低限の基準を定めた法律になります。これは建物を建築する際、請負業者と結ぶ契約に記載されていないこともありますが、そもそも建築基準法とは遵守されてしかるべきものです。こちらの基準を満たしていないと地震などで倒壊するリスクが高まります。そのため、もしも建築基準法に違反した建物を建...

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。