医療過誤 損害賠償

  • 医療過誤で病院側に追求できる法的責任について

    しかし医療過誤を起こしたと仮定した場合、病院側の責任とはどのようなものになるのでしょうか。今回は医療過誤により病院が負う法的な責任について確認していきたいと思います。 医療過誤には民事・刑事・行政上のすべてで責任が発生する可能性があります。具体的にどのようなことが考えられるのか項目別に確認していきましょう。 【民...

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    では実際医療過誤が発生した際、どのように問題が解決されていくのか確認していきましょう。 【問題解決までの流れ】 ① 医療過誤の証拠を集める…医療過誤の疑いがあった際には、まずは第一に証拠を集めることから始めます。医師の対処方法や聞いた説明などを時系列に沿って書き出しておくと良いと思われます。また病気や怪我の診断書...

  • 医療過誤で損害賠償請求できるのはどんな場合?

    医療過誤とは医師や病院側の過失によって患者が死亡してしまった場合などを指します。医療過誤による損害の発生に対しては、被害を受けた患者やその家族が医師や病院に対して損害賠償を請求することができます。本ページでは医療過誤について詳しく解説をしていきます。 ◆医療過誤3要件医療過誤損害賠償を請求するためには、当然なが...

  • 欠陥住宅だと判明した際に弁護士に相談するメリット

    契約不適合責任とは、契約の目的物の種類、品質、数量において、契約の内容とは異なった箇所があった際に、追完、代金の減額、損害賠償、契約の解除などの責任を相手方に負わせるものとなっています。欠陥住宅においては、建物の欠陥箇所を修補するように求める追完請求、施工業者が修補に応じない場合や修補が不可能な場合には代金減額請...

  • 刑事事件

    損害賠償などの示談金が、自身の希望に沿った金額になる可能性が多くなります。 以上が、犯罪行為に巻き込まれた場合の加害者側、被害者側の大まかな流れでした。どちらの立場をとっても、初動の早さが大切であるということがご理解いただけたかと思います。刑事事件は人の一生を左右する重大な事柄になります。自身や、周囲の方が犯罪に...

  • 企業法務

    企業法務に含まれないものは、一般的に、個人で依頼する民亊(不動産トラブル・損害賠償など)や、家事(離婚や相続トラブルなど)、刑事事件と言われています。 企業法務を怠っていると、知らず知らずのうちに法律違反をしていたり、諍いが、訴訟や紛争に発展した場合、迅速な対応が取れなくなったりします。 また、労働問題など従業員...

  • 交通事故・示談交渉

    交通事故は程度によって、損害賠償金や示談内容が異なってきます。また、加害者の加入している保険の種類によっても、自身が交渉をおこなう人が違ってくるのです。どういうことかというと、自動車保険の自賠責保険と任意保険のどちらに入っているかによって、交渉相手が変わるということです。自賠責保険とは強制加入の保険で、こちらに加...

  • 日照権の侵害による損害賠償

    今回は日照権の侵害に当たる条件や、その際に発生する損害賠償にスポットを当てていきたいと思います。 【日照権の侵害に当たる条件とは?】日照権の侵害に当たる条件はおもに我慢の限界を超えているかどうかをいいます。このことを受忍限度といい、いくつかに分類され、以下のようになります。 ① 建築基準法の規制に違反している…

  • 建築訴訟の難しさと専門家の必要性について

    つまり、家に不具合があった際には注文者は請負業者に対して、損害賠償や契約の解除、修復費用などを請求することが出来るのです。一見すると、注文者に対して、有利に見える瑕疵担保責任ですが実際はそう簡単に証明できないのが現状です。どういうことかというと、瑕疵担保責任を要求するには注文者自身で瑕疵を主張し、証明する必要があ...

  • 証拠保全とは

    医療ミスや医療過誤などで患者が病院側に訴えをおこなう際に、必ず必要となるのがカルテや医療記録などの証拠書類です。カルテや医療記録は非常に重要で、これらの書類がないと医療過誤を立証することはほぼほぼ不可能といえるでしょう。しかしながらその重要な証拠書類となりえるカルテや医療記録などを持っているのは病院側になります。...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    過失がない際は、ミスでない医療事故として処理されますが、過失の度合いが大きいケースでは医療過誤にあたることが考えられます。しかしながら、医療現場における過失の判断基準を設定するのは非常に難しいことだとされています。今回は医療事故における過失の判断基準について深く考えていきたいと思います。 【医療事故における過失基...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    医療過誤とは簡単に言うと医療事故のひとつになります。医療事故と医療過誤は言葉の意味が似ている部分があるので、混同されがちですが厳密にいうと違います。医療事故とは広い意味合いを持っており、医療現場で発生した事故全般を指します。一方で医療過誤は医師や看護師などの医療従事者が、誤った診療や診断などを起こすことをいうので...

  • 擁壁のある物件で起こりうるトラブルとは

     役所で確認することも可能となっています。けやき綜合法律事務所では東京都を中心に、医療過誤、建築訴訟、ソフトウェア紛争などの、専門性の強い分野に特化した業務を取り扱っております。現在お困りの方は一度ご相談にお越しください。

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。