医療ミス 裁判

  • 証拠保全とは

    医療ミスや医療過誤などで患者が病院側に訴えをおこなう際に、必ず必要となるのがカルテや医療記録などの証拠書類です。カルテや医療記録は非常に重要で、これらの書類がないと医療過誤を立証することはほぼほぼ不可能といえるでしょう。しかしながらその重要な証拠書類となりえるカルテや医療記録などを持っているのは病院側になります。...

  • 刑事事件

    裁判で刑罰を科すかどうかを判断し、決める手続きのことを指します。 一般的に日常生活と犯罪行為は縁遠いものに思われがちですが、実際は隣合わせであることが多いです。具体的に言うと、電車やバスなどでの痴漢行為や、街中などでの諍いが、暴力行為へと張ってしまうケースなど、たくさんのシチュエーションが考えられます。 つまり、...

  • 借金問題・債務整理

    個人再生とは家庭裁判所に申し立てを行い、申請が通れば、持ち家などを手放さずに大幅な借金の減額が鋳込める方法となります。ただし、申請が通るための条件が合ったり、借り入れが出来なくなったり、官報という国の公報に自身の情報が載り、知り合いに知られる可能性がある方法です。 自己破産とは個人再生と同じく、家庭裁判所に申し立...

  • 離婚・男女トラブル

    協議離婚・調停離婚・裁判離婚です。 協議離婚は家庭裁判所を通さず、夫婦間の話し合いで離婚する方法を言います。離婚する理由にもよりますが、比較的円満な形で離婚をするケースが多いです。 協議で解決に至らなかった場合には、家庭裁判所に申し立てを行い、裁判官や調停委員のもと、話し合いをする調停離婚へと移行します。それぞれ...

  • 相続・遺言

    裁判所のホームページで公表されている平成30年度の統計データのよると、相続トラブルのうち、遺産が1000万円以下は約33パーセント、5000万円以下となると、実に76パーセントに及びます。 以上のデータから考えられるように、相続トラブルは決して対岸の火事ではないのです。 そもそも相続とは、遺産の相続方法によって考...

  • セカンドオピニオンとして弁護士に相談できること

    ①に対して、より詳細に裁判や進行中の案件を確認し、検討することを言います。具体的に言うと事件書類の詳細なチェックをおこない、その上で、法律の専門家としての見地でその案件への再検討をすることです。 現在の主張や方向性で勝訴出来る見込みがあるのかの確認や、見込みのない際でも他の見地があるかどうかなどは、進行中の案件に...

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    なお裁判中に和解が成立し、訴えが取り下げられることもあります。 以上が医療過誤の解決までにいたる簡単な流れになります。 医療過誤は立証が難しく②でお伝えしたように、独力での解決は非常に困難でしょう。そのため医療過誤を疑った早い段階で、専門家に相談することが大切です。話を聞いて医療過誤でない可能性もありますし、実際...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    つまり、端的にいうと医療ミスということです。例えば患者のカルテを取り違え、本来別の患者にする治療をおこなったり、レントゲンやMRIなどの資料で重大な部分を見落として誤った診断を下してしまうということが考えられます。医療事故は先ほど説明した医療過誤だけでなく、医療行為と直接関係しない事故や、医療従事者が被害をこうむ...

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。