破産 個人 弁護士

  • 企業法務

    企業法務に含まれないものは、一般的に、個人で依頼する民亊(不動産トラブル・損害賠償など)や、家事(離婚や相続トラブルなど)、刑事事件と言われています。 企業法務を怠っていると、知らず知らずのうちに法律違反をしていたり、諍いが、訴訟や紛争に発展した場合、迅速な対応が取れなくなったりします。 また、労働問題など従業員...

  • 借金問題・債務整理

    債務整理には3つの方法があり、任意整理・個人再生・自己破産です。 任意整理とは貸金業者と交渉をおこない、返済期間の見直しや利子の免除などを適用してもらうことが出来ます。しかし減額度合いが他の2つの方法に比べ少なかったり、交渉に応じてもらえない、任意整理した後の数年間、借り入れが出来なくなるデメリットが発生します。...

  • 離婚・男女トラブル

    離婚や男女トラブルは個人的なものになるので、中々周囲に相談することが出来ない方もいるかと思います。そのような状況の方は、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。 自身が些細な事だと考えているものでも、客観的に見てみると大きな問題だったということもあります。ですので、ひとりでお悩みを抱えている際には、弁護士へ連...

  • 瑕疵担保責任

    一方で中古住宅は売主が業者であるのか個人なのかなど、状況や売主が誰なのかによって異なります。中古の住宅をリフォームや修復をしたもの、かつ不動産業者が売主の際には、宅地建物取引業法により、引き渡しから最低2年と決められています。他方、個人とのやり取りでは売買契約に瑕疵担保責任の期間が記載されます。ですので期間はさま...

  • 刑事事件

    そのため、早い段階で弁護士へ依頼することで、釈放までの期間が短くなることが多いのです。 【被害者の場合】痴漢などの犯罪行為の被害を受けた場合、加害者側が示談を求めてくることがあります。逮捕され、起訴されると前科が付く可能性がありますが、起訴の前に示談交渉し、成立すると、前科がつかない可能性が高まるからです。 加害...

  • 不動産トラブル

    中古住宅や土地などの瑕疵担保責任は、瓜生氏が業者であるか個人なのか、で期間が異なることがありますので、不動産の売買をおこなう際には、こちらの項目も確認しておくと良いでしょう。 ② 不動産賃借トラブル…借地などの賃借した土地や建物などの、トラブルのことを指します。例えば、借主が大家などの貸主にその不動産の賃貸料を支...

  • 交通事故・示談交渉

    自賠責保険の場合は、加害者や加害者側の弁護士と交渉することとなり、任意保険の場合は加害者側の保険会社の担当者とやり取りする運びとなります。 交通事故の示談の内容は、交通事故で発生した被害によって違います。任意保険の担当者と示談交渉をした場合、当然あちらは損害賠償金を出来るだけ少なく済むようにしてくるでしょう。ここ...

  • 相続・遺言

    相続トラブルが起きている場合は、第三者である弁護士が間に入ることによって、争いの早期解決や事態の悪化を食い止める可能性が高まります。また、生前対策の1つである遺言書も、自身で作成するより、有効な遺言書を作成できることもあります。 けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事...

  • セカンドオピニオンとして弁護士に相談できること

    そのため、セカンドオピニオンを受け付けているという弁護士を見つけたら、事前に連絡をして自身の相談内容を受け付けてくれるかどうかを確認しておくと良いかもしれません。概要を話さないまま相談に行き、断られてしまった場合、本来であれば避けられた時間のロスをすることになるかもしれません。 また、当事務所では、セカンドオピニ...

  • セカンドオピニオンを受ける際の注意点

    法律問題で困った際に一人の弁護士の意見だけでなく、複数の意見を確認することによって、自身の選択幅が広がり、より納得いった形で問題に立ち向かえる可能性が高まるという効果があります。しかし、セカンドオピニオンを受ける際には注意をしておかなければならないこともあります。現在進行している相談内容について、セカンドオピニオ...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを選ぶポイント

    そのため、弁護士によって得意分野や不得意な分野があるのは仕方ないことだとおもわれます。ですので、自身が依頼した相談について1番初めに依頼した方が不得意であると感じたときには、セカンドオピニオンを検討しても良いかもしれません。③ 相談の対応が自身と相性が合わない…その中で依頼した方と相性が合わないということがあるか...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを検討すべき時とは

    依頼者の相談した内容の判断は、それぞれ、弁護士の今までつちかってきた経験や知識、価値観などによって分かれます。つまり、依頼した弁護士ごとにアドバイスの内容が違うことがあるのです。 法律問題に関する相談や悩み事を弁護士にするということは、依頼者の方にとって切実なものであるケースが多いです。とはいえ、セカンドオピニオ...

  • セカンドオピニオンがいるメリット

    そのため弁護士などの専門家と問題を相談する方とで、認識の違いが生じます。 例えば、弁護士に相談した際に相談した内容で訴訟を起こした場合、敗訴の可能性が大きいと言われたとします。敗訴が大きい可能性の説明がなされ、相談者が納得をした上で、訴訟を起こすかどうかを決めるのであれば良いかもしれません。 しかし十分に説明がさ...

  • 日照権の侵害による損害賠償

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

  • 建築紛争の種類

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

  • 建築訴訟の難しさと専門家の必要性について

    そのため瑕疵を証明するためには法の専門家である弁護士は勿論、建築の専門家である建築士などと連携をとっておこなう必要があるのです。多くの人にとって家を新築したり、リフォームをするのは人生に何度もあることではないでしょう。そんな家に欠陥や不具合などの瑕疵があるというのはとても腹立たしく、悲しいことであると思います。

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    そのため医療過誤に強い弁護士に相談することが良いと思われます。弁護士が①で収集、作成した資料や医学文献をもとに医療過誤の可能性が強いかどうかを確認します。 ③ 証拠保全…②で医療過誤の可能性があった際には受任され、カルテなどの証拠の改ざんや隠ぺいを防ぐために証拠保全をおこないます。なお、証拠保全につきましてはこち...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    例えば医学部などがあり、研究機関を擁している大学病院と、個人で経営している診療所では最新の医療技術が伝わるスピードが異なります。加えて、病院に比べ診療所の設備の充実度が全く異なるケースもあります。そのような差異があるのにもかかわらず、高い医療水準で過失を判断してしまうと、その場の設備や情報で最良の医療行為をおこな...

  • 瑕疵の種類

    けやき綜合法律事務所では、欠陥住宅関東ネットに所属している弁護士が複数在籍しており、建築紛争に力を入れております。「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいのお客様よりご相談いただいております。

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。