債務整理 方法

  • 借金問題・債務整理

    では、大きな借金を抱えてしまった場合何か、対処方法はあるのでしょうか。借金を減額する、もしくは帳消しにする方法債務整理といいます。債務整理には3つの方法があり、任意整理・個人再生・自己破産です。 任意整理とは貸金業者と交渉をおこない、返済期間の見直しや利子の免除などを適用してもらうことが出来ます。しかし減額度合...

  • 企業法務

    対応の方法や、早さなどで大きな違いが発生することがあります。企業のトラブルは、早め、早めの対応をしないと企業イメージや、信用の低下につながる恐れがあります。ですので、法務事務をおこなう弁護士などの専門家がいると契約などのチェックはもちろんのこと、もしもの事態が発生した場合でも、経営者の負担が軽減される効果が見込め...

  • 離婚・男女トラブル

    離婚の理由はさまざま、夫婦によって十人十色でしょうが、一般的な離婚の方法は3つに区分されており、協議離婚・調停離婚・裁判離婚です。 協議離婚は家庭裁判所を通さず、夫婦間の話し合いで離婚する方法を言います。離婚する理由にもよりますが、比較的円満な形で離婚をするケースが多いです。 協議で解決に至らなかった場合には、家...

  • 相続・遺言

    そもそも相続とは、遺産の相続方法によって考えられるトラブル内容が違ってきます。相続方法には遺言書・法定相続・遺産分割協議の3つとなります。遺言書とは3つの相続方法の中で1番効力が強いものです。特別な事情がない限り、遺言書に記載された内容に沿って遺産の分配がおこなえることが特徴です。遺言書を残すことによって、ある程...

  • セカンドオピニオンを受ける際の注意点

    現在の主張・立証方法で勝訴の見込みがあるか、また、ない場合でも第三の立場から物事全体を見通すことによって新しい発見が見つかる場合があります。けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを選ぶポイント

    現在の主張・立証方法で勝訴の見込みがあるか、またない場合でも第三の立場から物事全体を見通すことによって新しい発見が見つかる場合があります。けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉...

  • 弁護士のセカンドオピニオンを検討すべき時とは

    現在の主張・立証方法で勝訴の見込みがあるか、またない場合でも第三の立場から物事全体を見通すことによって新しい発見が見つかる場合があります。けやき綜合法律事務所では、「人生に降りかかる様々なトラブルを総合的に解決できる法律事務所」をモットーに、長年事務所を構えている新宿区の高田馬場を中心に、東京・神奈川・千葉・埼玉...

  • セカンドオピニオンがいるメリット

    患者に対して医療には治療方法に関して複数の選択肢があり、それぞれが正しい方法であるということや、患者が治療方法に対して複数の選択肢の存在を知る権利があることを目的とされています。つまり、患者は1人の医師の意見のみではなく、他の医師の意見もまた、聞くことが出来る権利なのです。 物事を多角的に見ることの重要性は、医療...

  • 医療過誤の問題解決までの流れ

    医師の対処方法や聞いた説明などを時系列に沿って書き出しておくと良いと思われます。また病気や怪我の診断書や医療費の領収書など治療記録を集めることも大切です。 ② 専門家に相談する…医療過誤を考える際、自身のみで解決するのはほとんど不可能といっても過言ではないでしょう。医療過誤には法律の知識に加え、医学の専門知識も必...

  • 医療事故における「過失」の判断基準とは

    また同じ人に、同じ治療方法をおこなってもその時々によって状態の変化が違うケースも存在します。そう言った部分も考慮され過失を考えることを要するのです。 以上が医療事故における過失の割合についてでした。① ・②・③のどの判断基準も明確なくくりはありません。医療事故の過失を追求することがどれだけ難解なことであるのかご理...

  • 医療過誤と医療事故の違い

    しかしながら医療過誤は常にわかりやすいものだと限らず、その時その場で最良の治療方法である可能性も考えられるのです。また、一般的に医療過誤でない医療事故に含まれることがある、病院内での転倒による怪我も、ケースによっては医療過誤と判断されることもあります。このように医療従事者のミスでない医療事故と医療過誤の線引きは非...

Base Knowledge

当法律事務所が提供する基礎知識

Search Keyword

よく検索されるキーワード

Office Overview

事務所概要

名称 けやき綜合法律事務所
代表弁護士 井浦謙二(いうら けんじ)
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-2新陽ビル903
電話番号 / FAX番号 03-5291-6852 / 03-5291-6853
対応時間 平日:10:00~18:00
定休日 土・日・祝 ※事前予約で土曜の時間外対応可能です。